融資申請 起業

日本政策金融公庫の創業融資について

 

  • 起業に向けて融資を考えている
  • 起業したいけど予算に不安がある

起業時、起業を考えているとき、こんな悩みがあることと思います。

起業、創業に必要な資金の融資を受けられる日本政策金融公庫をご存じでしょうか。

ココがポイント

ここでは日本政策金融公庫の創業融資の申し込みについて行政書士が説明します!

 

日本政策金融公庫とは

政府が出資する融資専門の金融機関で、金融業などの一部を除きほぼ全ての業種で利用が可能です。

起業、創業する方が利用できる金融機関です。

新創業融資制度

新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方に無担保・無保証人でご利用いただける「新創業融資制度」というものがあります。以下が概要になります。

    • 新たに事業を始める方または事業開始後税務申告を2期終えていない方が対象。
    • 自己資金の要件は創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方
      ※自己資金とは事業に使用される予定の資金をいいます。
    • 融資限度額は3,000万円(うち運転資金1,500万円)まで。

 

融資申込み~融資実行までの流れ

step
1
融資の申込み

申込書、創業計画書と身分証のコピーを郵送、もしくはインターネットで送信します。

step
2
公庫担当者から面談日を決めるための連絡があります。

このとき面談に必要な書類の案内があります。

step
3
面談・事務所等の確認

公庫支店で担当者との面談があります。場合によって実際事業を行う店舗や工場の確認があります。

step
4
結果の連絡

融資可能の場合は契約書類の送付があります。書類を郵送します。

step
5
融資の実行。

指定口座へ入金があります。

 

必要書類

申込時に必要な書類

申込書

創業計画書

免許証等のコピー

面談時に必要な書類

資金計画書

通帳の写し

見積書 など

面談時に必要な書類は申込後、担当者からの連絡時に案内されます。

ココがポイント

各用紙は公庫HPからダウンロードできます。

 

書類の作成に困ったら

当事務所へお気軽にご相談ください。

必要書類の作成から面談の準備まで当事務所が全力でサポートいたします。

お問合せ

 

ご依頼の流れ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。ご相談は無料です。
スケジュール調整後、お客様指定の場所でお話を伺います。
※交通費(実費)をいただく場合があります。
その後の流れは以下となります。

  1. 契約の締結
  2. 必要な情報の収集、ヒアリング
  3. 書類の作成
  4. 納品、書類作成報酬のお支払い
  5. 面談 お客様ご自身が公庫で面談を行っていただきます。
  6. 融資の実行
  7. 成功報酬のお支払い

 

ご依頼時の費用

A:書類作成報酬・・・22,000円(税込み)
B:成功報酬・・・融資実行額の3%+消費税
A+Bの合計額となります。
申し込み後、残念ながら融資不可となった場合はBの成功報酬はいただきません。

【例:融資実行額500万円の場合】

書類作成報酬額 22,000円・・・A

成功報酬額 (消費税10%時)

500万円×3%=150,000円

150,000円+消費税10%=165,000円・・・B

A+B=187,000円

-融資申請, 起業