深夜酒類提供飲食店営業届・風俗営業

【深夜酒類提供飲食店営業届】 

0時以降の酒類を提供する場合には警察署へ届出が必要です。
 スナック、酒場等、客に酒類を提供して営む飲食店営業を深夜(午前0時~午前6時まで)において営むもの(営業の常態として通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く)
 ラーメン屋や定食屋、レストラン等は食事を主に提供するため、届出不要となります。

【手続内容】

<開始届>
酒類提供飲食店を深夜において営もうとする場合の手続きです。
営業を開始しようとする10日前までに営業所を管轄する警察署に届け出てください。

<廃止届>
酒類提供飲食店を廃止した場合の手続きです。
廃止の日から10日以内に営業所を管轄する警察署に届け出てください。

<記載事項変更届>
深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の内容に変更があった場合の手続きです。
変更の日から10日以内に営業所を管轄する警察署に届け出てください。

【営業が禁止されている主な住居地域】
・第1種低層住居専用地域
・第2種低層住居専用地域
・第1種中高層住居専用地域
・第2種中高層住居専用地域
・第1種住居地域
・第2種住居地域
・準住居地域
一部例外もありますが、基本的に住居系の用途地域では許可がとれません。物件の賃貸借契約を結ぶ前に用途地域を確認しておく必要があります。

 客の接待をして飲食させる場合、一定の明るさでの営業などには【風俗営業許可】が必要です。

風俗営業許可の場合は0時(地域によっては1時)~6時まで営業が禁止されています。

営業スタイルによって深夜酒類提供飲食店営業なのか風俗営業許可なのかを選択することとなります。

深夜酒類提供飲食店営業→0時以降も営業できるが接待営業はできない
風俗営業許可     →0時以降は営業できないが接待営業ができる
   

風俗営業とは

風俗営業等の許可・届出

風俗営業、特定遊興飲食店営業を営む場合は、公安委員会の許可が必要になります。

【風俗営業とは】

1号営業 接待飲食等営業
 キャバレー、料理店、社交飲食店 キャバレー、待合、料理店、カフェ その他設備を設けて客の「接待」をして客に遊興又は飲食をさせる営業

2号営業 低照度飲食店
 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客席における照度を「10ルクス以下」として営むもの(1号該当除く)

3号営業 区画席飲食店
 喫茶店、バー、その他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの

「遊技場営業」
4号営業 マージャン店、パチンコ店等
 マージャン店、パチンコ店その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

5号営業 ゲームセンター等
 スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える設備その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業

これらの営業は0時(地域によっては1時)~6時まで営業が禁止されています

このほか性風俗特殊営業があります。