動物取扱業

動物取扱業

ペットショップやペットシッターなどの業務を行う場合、各都道府県へ登録が必要です。必要な要件と書類を揃えて窓口へ申請します。

事業内容が販売・保管等、同時に2種類以上の事業を行う場合はそれぞれで申請が必要になります。(申請書、登録手数料)

 

場所的要件

事業所、飼育施設のある所在地が業務可能な地域かどうか
用途地域について・・・役場の都市計画課などで確認が可能です。(公図や謄本などをもっていくと尚可)
使用許可について・・・建物の使用権原者からの許可が必要です。自己所有物件の場合は問題ありません。賃貸物件の場合、賃貸借契約書と貸主の使用承諾が必要です。

 

人的要件

専門の知識と経験を持った動物取扱責任者を選任する必要があります。

  • 獣医師免許取得者
  • 愛玩動物看護士免許取得者
  • 専門課程のある学校卒業者+実務経験
  • 一定の有資格者+実務経験

 

申請の流れ

  1. 保健所へ相談   場所によっては動物愛護センター
  2. 保健所等へ申請  事前に予約し、直接窓口へ提出します。
  3. 事業所等の調査
  4. 登録証の発行
  5. 事業開始

※賠償責任保険等の準備をお忘れなく・・・取り扱い者等へご相談ください

 

要書類一覧

第一種動物取扱業の登録申請では以下の書類を作成し、提出します。

  • 第一種動物取扱業登録申請書(種別ごとに必要)
  • 第一種動物取扱業登録申請書(種別ごとに必要)
  • 動物愛護管理法第12条第1項第1号から第7号の2までに該当しないことを示す書類
  • 第一種動物取扱業の実施の方法(販売業、貸出業の場合)
  • 犬猫等健康安全計画(犬猫等販売業の場合)
  • 施設の配置図および平面図(施設がある場合)
  • 事業所(飼養施設)の案内図(見取図)
  • ケージ等の規模を示す平面図・立面図(犬又は猫の飼養又は保管を行う場合に限る)
  • 法人にあっては、登記(謄本)事項証明書(会社法人用)
  • 法人にあっては、役員(全員)の氏名及び住所の一覧
  • 必要な提出を求められた書類
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物についての実施に必要な権限を有する事実(申請者が所有することを証明する書類や借りている場合(例えば、固定資産税・都市計画税課税通知(証明)書、登記事項証明書(不動産用:土地と建物))、建物(土地)賃借契約書など最新版が必要)
  • 動物取扱責任者の資格及び実務経験等を証明するもの(最新版)
  • 顧客に重要事項を説明する職員(従業員)がいる場合はその人の資格を証明するものが必要

 

登録手数料

登録申請の際に保健所等へ支払う登録手数料です。
各都道府県ごとに設定されています。
15,000円前後です。

 

ご依頼いただいた場合の報酬等

当事務所へご依頼いただいた場合の報酬、その他かかる費用はこちらになります。
基本44,000円(申請書類及び案内図含む 作成、提出)
図面22,000円(必要な場合)
交通費   (場所により実費請求)
各種証明書取得費用 (実費)

 ご依頼時の基本業務内容

  • 申請書類の作成
  • 必要な書類の取得代行(別オプション)
  • 要件調査、(図面作成は有料)
  • 申請書の提出代行
  • 官公署との調整
  • 許可証等の代理受領

 

ご依頼の流れ

下記リンク先のお問い合わせフォームよりご送信ください。

初回相談料は無料です。

お問合せ

  1. 内容の聞き取り(訪問・電話・WEB)
  2. 業務委託契約書の締結
  3. 着手金・法定費用のお支払い
  4. 着手  着手金、お預かり費用の入金が確認できましたら着手とさせていただきます。
  5. 必要書類の準備  必要な調査や書類作成の準備
  6. 内容の確認、委任状への押印等
  7. 申請
  8. 許可証等の受領
  9. 許可証等の納品及び報酬、立替え経費の精算

※訪問の際、遠方の場合は交通費を実費でいただきます。
※報酬は請求日より1ヵ月以内にお支払いください。
各進捗報告はメールにて送信させていただきます。