起業

会社を設立したい

 

会社を設立するには

  • どんな会社を設立するか(株式会社か合同会社など)を決める
  • 定款の作成、認証手続き
  • 会社の登記

 

株式会社

メリット  株式の発行による資金調達が可能で、上場ができる。

デメリット (合同会社に比べて)設立費用が高く、ランニングコストがかかる(官報への公告など)

 

合同会社

メリット  (株式会社に比べて)内部組織が簡潔で自由度が高く、定款認証手続きが不要のため設立費用が低い。官報への公告も不要。

デメリット 資金調達方法が株式会社に比べて少ない(株式発行など)。株式会社に比べるとあまり認知されていない。

事業単位が個人で流動性がないなら合同会社がおすすめ。合同会社の大企業もあります!

 

必要な費用等について

株式会社

・定款認証印紙代 40,000円

・定款謄本代 数千円。

・登録免許税 約150,000円

・謄本代   数千円。

・会社印 通常は実印・銀行印・角印の3本セット…拘りがないならネットで注文しましょう。

定款認証は電子定款を作成することで印紙代を節約できます。

(必要な機器の準備に費用がかかるので行政書士、司法書士へ代行依頼するのがオススメです。)

 

合同会社

・登録免許税 約150,000円

・謄本代   数千円。

・会社印 通常は実印・銀行印・角印の3本セット…拘りがないならネットで注文しましょう。

合同会社は定款の認証手続きが不要なため、定款作成後登記手続きとなります。

株式会社設立の場合は定款認証前に公証人のチェックを受けられますが、合同会社ではこのチェックがないため、専門家へチェックのみを依頼するか、定期的に開催される法務局の無料相談会で相談しましょう。

 

設立の流れ

法人設立の簡単な流れ

① どんな会社にするかを決める

② 定款を作成する

③ (株式会社)公証人へ定款を認証してもらう

④ 法務局へ会社の登記申請をする・・・登記申請の代行が可能なのは司法書士となります。

⑤ 事業開始届などの書類を提出・・・税務署、市役所、年金事務所など

事業内容によっては許認可が必要なものがあります。許認可の取得の際に事業目的に取得したい許認可に関する事業内容の記載がないと取得できないことがありますので、定款の目的は慎重に決めましょう

 

行政書士は定款作成(認証まで)の代理が可能です。

法人設立後に許認可の申請が必要な場合は行政書士へ定款作成を依頼するのがお勧めです。
当事務所へ定款作成の依頼、相談の際は、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。
当事務所は電子定款に対応しております。

お問合せ

登記手続きの代行が必要な場合は、提携先の司法書士事務所をご紹介いたします!

 

日本政策金融公庫の創業融資について

  起業に向けて融資を考えている 起業したいけど予算に不安がある 起業時、起業を考えているとき、こんな悩みがあることと思います。 起業、創業に必要な資金の融資を受けられる日本政策金融公庫をご ...

続きを見る

ホームページの作り方

  こんな方におすすめ 起業、開業したけどホームページってどうやって作ればいいのかわからない 自分で作るか、プロに依頼するか迷っている   自分で作る場合 ポイントメリット:安い。 ...

続きを見る

-起業