事業支援

【事業復活支援金】サポート会場での申請について

画像は事業復活支援金ポータルサイトより引用

 

本記事は2022年1月24日時点での情報となります。

持続化給付金のときと同様に自分で申請が難しいという方はサポート会場で申請の補助を受けることができます。

 

※2022年6月17日をもって申請は終了となりました。

※2022年8月31日をもって、一部を残しほぼ全てのサポート会場が閉鎖となります。

2022年9月1日からのサポート会場一覧はコチラから

 



スポンサーリンク

 

サポート会場利用の流れ

 

2022年1月26日10時からサポート会場の利用予約受付が開始されました。

サポート会場の利用方法は以下のステップで説明します。

step
1
申請IDを作成する

申請サイトで申請IDを作成します。

過去に一時支援金または月次支援金を受給している方は改めてIDを作成や事前確認を受ける必要がありません。

 

step
2
登録支援機関の事前確認を受ける

サポート会場では登録支援機関の事前確認は行っていません。

事前に登録支援機関から事前確認を受ける必要があります。

事前確認を受けずにサポート会場へ行くことはご遠慮ください。

 

step
3
会場訪問の予約をする

申請サイトのサポート会場のページより来訪予約を行います。

 

step
4
申請補助シートを作成する

補助シートはサポート会場のページからダウンロードが可能になります。

作成できない場合でもサポート会場で補助シートの作成のサポートも受けられます。

 

step
5
必要書類を準備する

サポート会場で申請サポートを受ける際に必要となります。

サポート会場にはコピー機がありません。また、必要書類はUSBメモリなどでの受付ができませんので全て紙の書類で準備する必要があります。

 

step
6
予約日にサポート会場で申請の補助を受ける

申請に必要な書類全てと本人確認書類(免許証など)を持参して、予約日にサポート会場で申請のサポートを受け、申請します。

 

サポート会場利用の注意点

会場では感染拡大を避けるため、新型コロナウイルス対策を実施しています。

以下の注意事項をご理解の上、必ず会場スタッフの指示に従ってください。

  • ご来場者の方のお名前とお電話番号を会場スタッフがお伺いいたします。
  • ボールペン等の筆記用具をお持ちください。
  • 原則として申請者一人でご来場ください。
  • 必ずマスクを着用
  • 当日は必ず検温してください。体温が37.5度以上の方は入場できません。
  • 入場時には会場に設置してあるアルコール消毒液で手指先の消毒をお願いします。
  • 本人確認書類の提示が必要です。(免許証などの顔写真入りのもの)

 

【代理申請について】

申請はご本人による申請のみとされており、代理人名義での申請は認められません。そのため、必ず申請者本人がご来場ください。

ただし、中小法人等の場合には、代表者が自らの従業員等に事前確認を受けることや申請を行うことを委任できます

その場合には、代表者からの委任状(委任内容、委任者、受任者が明確である限りは書式自由)が必要となりますので、ご準備の上でご来場ください。

 

 

スポンサーリンク

-事業支援